喪中と忌中の違い〜何をすべきで何をしてはいけないのか?

喪中と似た言葉に忌中というものがありますね!

喪中も忌中も故人を偲んで身を慎んで生活する期間の事をいいます。

それでは何が違うのでしょうか?

又この喪中の期間はどういった生活をしなければならないのか?

私自身、妻の父を亡くしまして現在喪中です。まだまだ心が癒えない日々が続く中、生活をして行かなくてはなりません。

という事で、喪中と忌中の違いやその期間の生活の仕方について調べた事をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

喪中と忌中の違い

  • 喪中と忌中の期間は、下表の様になっていて忌中は最大50日間、喪中は最大1年間となっています。
    忌中(最大50日間)
    喪中(最大一周忌法要までの1年間)

忌中の期間

  • 神式で最大50日間
  • 仏式49日間(四十九日法要まで)、49日に故人の魂が家を旅立つ日と言われています。一般的には和尚様による忌明けの法事法要を執り行います。
  • キリスト教1ケ月間
  • 喪中の期間は、服忌令(ぶっきりょう)いう江戸時代から始まり明治時代に改正された法令の名残りにより一般的な服喪期間(喪に服する期間)とされていました。(昭和22年廃止)

喪中の期間

  • 両親、夫  12ケ月から13ケ月
  • 妻、息子  90日
  • 娘  30日

この喪中の期間の決め方は、男尊女卑の典型ですね!
妻が夫の約半分の期間、娘は息子の3分の1の期間になっています。これでは、戦後廃止されますよね!

でも、この法令によって喪中の期間は、最大約1年間の1周忌法要までという事が一般的な慣習として今でも続いているのです。

  • 忌中の期間も喪中の期間も、結婚式への出席や合格祝い、就職祝い、出産祝い、新築祝い等の祝い事、正月のお祝い等については控えなければならない期間とされています。

ただし、忌中の期間は仏教・神道上の義務的期間とされています。それに対して、忌明け以降の喪中期間については、自主的な期間となります。つまり、忌中の最大50日間お祝い事を控えれば、忌明け後はご自分の判断でお祝い事への出席等について決めてもいいですよという事です。

[参考]忌中や喪中となる親族の範囲について

喪中や忌中になる親族の範囲は下記の様に2親等までの親族となっています。

  • 0親等配偶者
  • 1親等父母(義理も含む)、子
  • 2親等兄弟姉妹(義理も含む)、祖父母(義理も含む)、孫

忌中の生活のしかた

忌中の期間は身を慎んで生活する期間ですので、慶事への出席やお祝い事は控えなければなりません。

  • 忌中に結婚式への招待があった場合は、忌中である為に出席できない旨を丁寧に説明をして辞退を申し出ましょう。その上で、相手側より出席していただきたとの御厚意があった場合には出席も可能でしょう。
  • 合格祝、出産祝、新築祝、自身の結婚なども控えます。ただし、結婚式の日程も決まっていて変更も出来ない様な場合で、故人にも祝福してもらえるという様な場合には執り行う事もやむを得ないのではないでしょうか。

合格、出産、新築等のお祝いも忌中が過ぎるまで待つか、質素に行う分にはいいと思います。

  • お正月の過ごし方は、締め縄、鏡餅、締め飾り、門松等は控えます。お節料理やお雑煮等も控えますが、重箱ではなく普通のお皿に出したり、雑煮も普通の料理として食べる場合には良いとされています。
  • この期間は神社への初詣は控えます。(お寺の初詣は可能)どうしても、破魔矢とかお札を購入したい場合は知り合いに購入してもらうか、神社によっては事前にお祓いをすれば、初詣も出来る場合があります。

*詳しくは、行かれる神社の事前の確認が必要となります。

  • お年玉も控えますが、お子さんたちの楽しみの一つであるお年玉を渡さないのは可哀想ですね!この場合は、紅白のお年玉袋ではなく、質素な封筒にお小遣いや玩具代、書籍代等として渡すのであれば良いとされています。

お正月の過ごし方については別の記事で書いていますのでそちらをご覧下さい。関連記事:喪中のお正月の過ごし方〜7つの疑問を解消します!

  • お歳暮やお中元については、通常通り行って構いません。お歳暮やお中元は普段の生活上のお礼の性格の物であり、お祝いとは関係が無いので贈っても問題ありません。
  • この期間は年賀状も控えます。その為に11月下旬から12月上旬までに喪中はがきを送って年賀状の欠礼のお知らせをします。

この喪中はがきの出し方については別記事で書いていますので、そちらをご覧下さい。
喪中はがきの出し方のマナー/いつまで、誰に、どういう場合に!

喪中の生活のしかた

基本的には、忌中の期間が過ぎればご自分の判断で祝い事へ出席もできる様になるとされています。

ただし、慣習として一周忌法要までは、忌中の期間の生活のしかたで御案内した内容が行われているケースが多いのではないかと思います。

最後に

少しまとめてみます。

  • 忌中は、宗教上の義務的な期間であるのでお祝い事をする事、招かれる事は避けるべき期間です。
  • 忌明け後の一周忌までの喪中の期間は、自主的な期間になるのでお祝い事を行う事もご自分の判断で可能となります。
  • ただし、私の意見としては一周忌法要までは、親族関係によっては喪に服した慎んだ生活をするべきではないかと思います。

この喪中や忌中については、神道・仏教・キリスト教などの宗教によって又は地方の慣習によっても違いがあり複雑です。この記事をベースに、親戚の長老の方などのお話し聞きながら行動して行くのがいいのかなぁ〜と思います。

という事で、長々ありがとうございました。

もし、よろしければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です