2016年10月からパート労働者からの社会保険料の徴収拡大

平成28年10月1日より厚生年金保険と健康保険の加入条件が従来の週30時間以上から、週20時間以上に適用が拡大されますのでその新制度について書いてみます。

スポンサーリンク

パート労働者の社会保険料の徴収拡大

新たな制度の適用要件は社会保険の対象となる事業所のパート労働者の方で①週20時間以上の労働時間があり②年間収入が106万円以上(標準報酬月額88,000円以上)③1年以上就労する見込みもある者で⑤従業員501人以上を雇用する事業所は、健康保険料及び厚生年金保険料を納める必要がありその為実質手取りは減らされることとなります。

保険料の試算

適用対象の最小収入での計算例

標準報酬月額88,000円の場合は健康保険料月額8,000円、厚生年金保険料月額8,000円(健康保険、厚生年金保険年間192,000円)となりますので年間1,060,000円-192,000円=868,000円(手取りで所得税は考慮していない。)
上の例をみますと、月額16,000円、年額192,000円の負担はかなりの負担となりますね、事業主も同額程度の負担もあります。

働き方の選択

新しい制度の対象になるパート労働者はどういう選択をするべきか、悩ましいところだと思いますが、まだ子供さん小さい方は年間収入を106万円以内に抑えて働く方が多くなり、子供さんに手がかからなくなった方についてどんどん稼いで保険料以上の収入を得ていく方が多くなっていくのではないかと思いますがその辺の判断は月16,000円以上稼げるかどうかと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です