配偶者控除廃止から一転拡大か?

政府は9月30日に配偶者控除の見直しについては当面存続させ、働く女性を応援するために2017年の税制改正で103万円以下である所得要件を150万円程度に引き上げる検討に入ったとの事です。

創設される予定であった「夫婦控除」については、所得税が増える世帯が増大することが懸念されて当面見送る方針のようです。来年、衆議院の解散を想定してか早期の増税は見送りたいようです。

配偶者控除制度について、「103万円の壁」と言われるように、働く主婦の就労を阻害させる要因とされてきました。その為に配偶者控除の廃止の議論がされてきましたが、拡大であれば働く主婦の就労の阻害要因が緩和され現行制度より不利益になる方が増加せず問題は無くなると思います。

これは、あくまで方針でありますので今後の動きを見守りたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です