iPadの中古のおすすめ商品は何?あなたに合うiPadをチョイス!

最新のiPadを購入したいと思っても一番安い廉価32Gの商品で37,800円(税抜)です。

安くなったといえ税込で4万円チョット。

少し古くても、もう少し安く買いたいというあなた!

中古のiPadはいかがでしょうか?

iPhoneをお持ちの方ならiOSの良さはおわかりでしょうからiPadにしない手はありません。

そこで、歴代のiPadを比較しながら、使い方別におすすめの機種をお伝えします。

スポンサーリンク

歴代のiPad比較

iPadは初代2010年の商品から2018年まで16種類発売されてます。その他に色の違い、ストレージの大きさの違い、Wi-Fi版とCellular版の違い等様々な商品構成は多種になっています。

そこで、大まかに発売年ごとに比較してみました。

iPadの種類発売年/月CPU

(Wi-Fi

版)

重量コネクタディスプレイ
iPad
iPad12010/
5
A4680g30ピン
iPad22011/
4
A5601g30ピン
iPad32012/
3
A5X652g30ピンRetina
iPad42012/
11
A6X652gLight
ning
Retina
iPad Air2013/
11
A7469gLight
ning
Retina
iPad Air22014/
10
A8X437gLight
ning
Retina
iPad Pro 12.9inch2015/
11
A9X713gLight
ning
Retina
iPad Pro 9.7inch2016/
3
A9X437gLight
ning
Retina
iPad5 9.7inch2017/
3
A9469gLight
ning
Retina
iPad Pro 12.9inch2017/
6
A10X677gLight
ning
Retina
iPad Pro 10.5inch2017/
6
A10X469gLight
ning
Retina
iPad6 9.7inch2018/
3
A10469gLight
ning
Retina
iPad Pro
11inch
2018/
11
A12X468gUSB-CLiquid
Retina
iPad Pro
12.9inch
2018/
11
A12X631gUSB-CLiquid
Retina
 iPad mini
 iPad mini2012/
11
A5308gLight
ning
 iPad mini22013/
11
A7331gLight
ning
Retina
iPad mini32014/
10
A7331gLight
ning
Retina
iPad mini42015/
9
A8299gLight
ning
Retina


それぞれの機種の比較検討

  • iPad4(2012年11月)以降、iPad miniでは全機種のコネクタがライトニングケーブルになっています。iPhoneユーザーは共通に使えて便利です。
  • 重さに関しては、iPad Air2(2014年10月発売)iPad Pro9.7inch(2016年3月発売)が437g(Wi-Fi版)と最軽量です。miniではiPad mini4が299g(同じくWiーFi版)と最軽量になっています。
  • 高画質なRetinaデスプレイは、iPad3(2012/3発売)
    iPad mini2(2013/11発売)以降の商品にはすべて採用
    されていますので高画質を楽しめます。

Wi-Fi版とWi-Fi+Cellular版について

Wi-Fi版は通信契約等は一切必要がなく使用できますが、Wi-Fi環境が有る場所でなければ、使用できません。ですので、自宅や職場でWi-Fiが使える事が必須になります。

Wi-Fi+Cellular版は、それぞれの通信会社との契約が必要になり毎月の通信費が発生します。契約内容に沿った通信量を使うことができます。日本では、Docomo、AU、SoftBankと契約することができますが、基本的にはスマホと同様な契約となります。

又Wi-Fiが使えなくても通信会社の電波が通じる場所であればどこでも使えます。

私の自宅は、Wi-Fiが使用できますのでWi-Fi版を購入しました。

商品自体はWi-Fi版の方がかなり安くなっています。

結局はどれを買うべきか?

結局何を買えばいいのか?

これだけ商品があれば迷いますよね!

使い方別による提案をしてみたと思います。

営業等、外に持ち出して使う場合

私もそうなのですが、外を持ち出して仕事で使いたいという場合は、軽くて小さいminiがよいでしょう。
miniの中でも、A7チップとRetinaディスプレイを採用しているmini2以降の商品が候補になります。ところが、価格を検討すると断然iPad mini2がおすすめです。近所のPCデポの日替わりで16Gが13,000円(税別)で売り出しています。通常中古で2万円前後で売られていますのでお店によっては安く購入できると思います。

又、mini2に指紋認証機能を追加したのがmini3です。ですので指紋認証にこだわらなければmini2でも十分でしょう。

mini4については中古市場はまだまだ、価格がこなれていないので新品を購入してもいいかも知れません。

自宅で動画やゲームをしたい場合

自宅で動画やゲームを楽しみたいという場合は、あまり軽さにこだわる必要がないし大きめな画面で楽しみたいものです。

この場合は、やはり通常版のiPadがおすすめになります。その通常版の中ではやはりA7チップ、RetinaデスプレイのiPad Air以降の商品となります。

その中でおすすめなのはA8Xチップを採用しているiPad Air2です。A8Xチップ以降はグラフィック処理もより早くなっていますので、ゲームする方や動画を楽しみたい方には最適だと思います。

中古価格は、iPad Airで2万円程度、iPad Air2で3万円程度になっています。(いずれも16G)

iPadで絵を描きたいとか、文字を書いて動画にアップしたいという方

iPadで絵や文字を手軽に描きたいという方には、iPad Proの中古という選択肢もありますが、
私は2018年3月発売の最新版のiPadをお勧めします。32Gで37,800円(税抜)でApple Pencilも使えるからです。

iPad Proは中古でも5万円前後からになっていますので、最新版のiPadの方が安く使えるという状況です。

私はApple Pencilを使ったことがないので詳しい状況はわかりませんが、最近は文字や絵を描いたものをYouTubeにアップしている方も増えました。

そういう使い方をする為にはApple Pencilを使える製品が必須になりますね!

最後に

結局中古でiPadを買う場合はどの製品にすればよいか?

通常のiPadの場合は、iPad AirかiPad Air2がおすすめです。iPad Air2の方が1万円程は高いので後は、お財布と相談して決めて下さい。

miniの場合は、iPad mini2が性能や価格面で比べるとおすすめです。

パソコンショップの日替わりで13,000円(税抜)なんて価格でも売られていますので、コストパフォーマンは高いと思います。

そして、どういう手段でiPadの中古を買うか?ということですが、

私はヤフオクやメルカリを含めた個人から買うよりは、きちんとしたパソコンショップや家電系の中古ショップなどで買う事をおすすめします。

私の近所のPCデポでは、中古でも数千円で3年保証を付けてもらえます。

その点何の保証もない個人から買うよりも、安心できるショップを探しましょう。
近くにあればPCデポはいいショップだと思います。

では、iPadの中古を検討されている方は参考にしてみて下さい!

関連記事でiPadについて書いた記事もありますので、よろしければそちらもご覧下さい!
↓↓
iPad miniを購入/iPad miniをお得に買える方法ってあるの?

iPad mini4の中古を購入/以前購入したiPad mini2と比較してみた!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です