SSDとHDDの違いは何?/HDDをSSDに交換する場合の重要な事も伝授!

最近よく使われるようになってきたパソコンの記憶装置にSSD(ソリッドステートドライブ)という物があります。また、以前から使われ続けているHDD(ハードディスクドライブ)もありますね!

では、このHDDとSSDは何が違うのでしょうか?

HDDをSSDに交換してパソコンを使っている方もおられるようです。

そこで、このHDDとSSDの特徴や違い、SSDに交換する場合の注意点についてをお伝えします。

スポンサーリンク

SSDとは?

SSDは「ソリッドステートドライブ」と呼ばれる物で構造はUSBメモリ等と同様なフラッシュメモリタイプです。ですので、軽くてコンパクトにすることができます。ただし、パソコンでは従来のHDDの規格に合わせる為にサイズはHDD同等です。

今後は、SSDに合わせたコンパクトなサイズの物も出てくるのではないかと思います。

そしてこのSSDは物理的に可動する部分がないので、読み込みや書き込み速度が早く、衝撃や振動にも強いのが特徴です。

Macのノートブックの最近の商品は全てSSD搭載です。MacBookが早くて軽くて薄いといわれるのもこのSSDを搭載しているからとも言えます。

ただし、このSSDは壊れた(クラッシュした)場合は、復旧が出来ないとされていますので、必ずバックアップすることが必須となります。

HDDとは?

HDDは「ハードディスクドライブ」と呼ばれる物で、磁気ディスクを高速回転させて情報を書き込んだり、読み込んだりするものです。

物理的に可動する部分がありますので、速度が遅く、振動や衝撃に弱いという特徴があります。

ですので、固定で利用するデスクトップパソコンや家庭用のブルーレイレコーダー等の利用に向いています。

又価格が安いので、低コストで大容量記憶に向いています。

その他、HDDは壊れた場合でも磁気ディスクにデータが残っていれば、データを復旧することがでる可能性があります。

SSDとHDDの違い

SSDとHDDの違いを表にしてみました。

 SSDHDD
記憶装置磁気ディスクフラッシュメモリタイプ
振動・衝撃強い弱い
価格高い安い
データ復旧不可可能な場合有り
重量・サイズ軽くコンパクト重く大きい
用途ノートPC
可動部分がないので起動も静か熱を抑える為の冷却ファン等の音が発生
大容量化
不向きコストを抑えながらも大容量化が可能

このように、動作が早くて・軽くて・振動衝撃に強いのがSSD、大容量記憶を安く、クラッシュした場合でも何とかなるのがHDDです。

それでは、次はHDDをSSDに交換する場合のことについてお伝えしますね!

HDDをSSDに交換するには?

今使っているHDDをSSDに入れ替えることができることをご存じですか?
YouTubeやブラウザで検索するとHDDをSSDに入れ替える手順を動画や写真で説明しているものが沢山あります。
又パソコン修理専門業者に依頼して交換してもらう事も出来ます。

そでは、専門業者と自分で交換する場合についてそれぞれ説明しますね!

パソコン専門業者に依頼する場合

パソコン専門業者に依頼すれば、確実な方法で入れ替えしてくれますので一番安心ですね。依頼する場合には、SSDの選定、購入も含めて見積もりをしてもらいましょう。もし、自分で購入してしたSSDが使えない場合は二重経費になったりします。ですの、専門業者に任せるのであればすべてSSDの購入もお願いしましょう。

交換費用は2万円から3万円程度です。SSDの購入を含めると3万円から4万円程度となります。(SSD250GBから500GBの物)

自分で交換する場合

「それでは、SSDに自分で交換する場合について、「SSDを購入する前の注意点」と「自分で作業する場合の注意点」に分けてお伝えします。

SSDを購入する前の注意点

実は私も2014年製のWindowsのノートパソコンのHDDをSSDに、自分で入れ替えしようと思い購入したのでした。

ところが、事前の調査が不十分なうちに購入してしまった結果、交換に失敗してしまったのです。

約1ケ月間に渡り、回数にして約20回程度はクローンを作り、HDDをSSDに入れ替えてチャレンジしました。回復ディスクや修復ディスク等を作ったりもしましたが、私の能力の限界で成し遂げることはできませんでした。

よりリスクが少なく、今使っているパソコンをより早くする方法もあります。例えば、HDDから新しいHDDへ交換するという選択肢も考慮に入れたり、メモリのを増設することでも速度を上げることができます。HDDも年々速度が上がっているようですし、3、4年程度で不具合が出てくるようですので選択肢に入ります。又HDD同しの交換であれば親和性が高いので自分でも成功しやすいでしょう。

SSD購入前の注意点のまとめ

  • HDD➡SSDだけではなく、HDD➡HDDの選択肢も考慮に入れてみる。
  • メモリの増設も考慮してみる。(HDD➡HDDとの併用でもよい)
  • HDD、SSDを購入する場合は、現在使用中のHDDより記憶容量の大きな物、HDDのサイズに合った物、SATA等の方式に合った物を購入する。

HDDをHDD又はSSDに交換する場合は、「今使っているHDDより大きい記憶容量の物を購入する」ことが重要です。

私の場合、320GBのHDDに対して250GBのSSDを購入していまった為、うまく交換ができませんでした。ですので、この点は必ずクリアして下さいね!

自分で作業する場合の注意点

HDDからSSDに交換するような行為は、メーカーは推奨しておらず、基本的には自己責任でやっていただくという事が原則になります。

ですので、パソコンのハードウェアーに詳しくない方は、詳しい方のアドバイスを受けながら交換することをお勧めします。

最後に

SSDとHDDについて説明してまいりましたが、両者の違いを理解して使い分けをしていく必要があるのではないかと思っています。

モバイルPCとして、外に持ち出して利用するような場合は軽くて薄いSSDのパソコンが重宝するし、大切なデータを十分な保存容量で確保していくにはHDDがどうしても必要になります。

SSDの方が良いとか?ハードディスクの方が良いとか?一方的な見方ではなく、使用用途によって上手に使い分けて行くことによって作業がしやすくなるのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする