chromecastで「できること」と「できないこと」って何?

先日、知り合いのお宅で最新のテレビを拝見する機会がありました。
そこで驚いたのは普通にYouTubeの動画が見れるようになっている事でした。

そして我が家の古いテレビでもYouTubeを見たいなぁ〜と思い始めたのでした。
そして探し当てた商品がchromecastです。

近所の2nd Streetで3,132円(税込)の中古です。
新品価格は楽天で4,978円(税込)、ケーズデンキで4,612円(なぜかAmazonでは購入出来ないようです。)

ネットも家電量販店も価格はそんなに変わりないので、中古で探していたらいいものに出会えました。中古でもなんと6ケ月の保証も付けてもらいましたよ!

それで、このchromecastって何をする物かって?

chromecastは、スマホで見ているのYouTube等の動画をテレビ画面に映し出してくれる物なのです。パソコンやタブレットでも同様の事ができます。ただパソコンではできることが様々増えます。

こんな価格で、ハイコストフォーマンスな商品を買うことができるなんて一人で黙っておれません。

そこで、このchromecastの宣伝も兼ねて何が「できて」、何が「できないのか」についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

chromecastをスマホで使って「できること」、「できないこと」

chromecastでできることは、スマホ・タブレットやパソコンの動画等をテレビに移し出すことができます。(このことをキャストを呼びます。)

対応しているアプリは

  • YouTube
  • hulu
  • dTV
  • dアニメストア
  • Netflix
  • U-NEXT
  • Google Playムービー
  • Abema TV
  • GYAO!

など、有料、無料のアプリに対応しています。

それではまずは、スマートフォンの動画アプリについてお伝えします

動画アプリを使って「できること」、「できないこと」

基本的にはスマホやタブレットは、アプリがchromecastに対応していなければ使えません。

まずは、無料で使えるスマホやタブレットの主な動画サイトについて、試した結果をお伝えします。(iPhone、アンドロイド双方試しています。)

まずは、スマホ・タブレットで「できること」、「できないこと」を表にしてみました。

項  目  chromecastをスマホを使ってできることchromecastを使ってスマホでできないこと
YouTubeYouTubeに関しては、すべての動画がキャストできます。
一旦キャストをしてしまえば、スマホで動画を切り替えてもそのままキャストされる。
使用上の問題を感じない。
AbemaTV
AbemaTVに関しても、すべてキャスト出来ます。番組を変えるごとにキャストし直す必要がある。
TVerスマホでは、現在のところキャストできない。(パソコンのミラーリング可)
GYAOスマホでは、ミュージックビデオ等はキャストできる。ドラマ、やドキュメンタリー等はキャストできない。

それでは、次はこの表を基に個別に解説してみたと思います。

YouTube

YouTubeは代表的なアプリですね!私もよく使っているのがYouTubeです。
このYouTubeは問題なくキャスト出来ます。

一旦キャストしてしまえば、動画を変更してもキャストし続けてくれますので非常に使い勝手がいいアプリです。他のアプリでは、画面を変えるごとのキャストが必要なものもあります。

下の画像はYouTubeの画像ですが、赤で囲んだキャストアイコンをタップするとテレビ画面にキャストされます。

そしてYouTubeの音楽の動画を、テレビに繋いでいるAVアンプから音を出すこともできます。

以前から、どうにかしてYouTubeをテレビで見ながら、音はAVアンプから出して良い音で聞いてみたいと思っていました。ですが、chromecastを使ってキャストすることで、こんなに簡単に実現できるとは驚きで。それも、5,000円程度でできるのなんて!

ということで、YouTubeは問題なくキャストできたましたが、他のアプリはどうでしょうか?
次はAmebaTVについてです。

AbemaTV

AbemaTVは当初うまくキャストが出来ませんでした。いろいろ原因を調べてみらたら原因がわかりました。

スマホの場合は、画面を横向き(フルスクリーン)にしなければ「キャストアイコン」が出ないのです。ですのでスマホの場合は、横向き最大画面にすればキャストできるようになります。
あと気になったことがあります。AbemaTVにあるニュースや格闘技、将棋、スポーツ等のさまざまな番組がありますが、スマホ側で番組を変えてもテレビ側は変わらないのです。これは、YouTubeをスマホ側変えるとテレビ画面も変わってくれるのとの違いです。

つはりAbemaTVの場合、スマホ側で番組を変えるごとにキャストアイコンをタップしなければキャスト出来ないということです。その点が少し残念です!

次はTVerについてです。

TVer

TVerも試してみましたが、TVerはまだスマホには対応していない事がわかりました。

(TverはパソコンでブラウザをGoogleChromeを使えばミラーリングする事ができます。(設定にキャストという文字が出ていると思います))

残念ですが、スマホでの早期の対応を望むところです。

次は、GYAOです。

GYAO

GYAO!についても試してみました。今まで使った事が無かったのですがアプリを起動してみると、ドラマについては「この動画GoogleCastで再生することができません。他のデバイスでお楽しみ下さい。」というメッセージがテレビ画面に表示されてしまいます。

音楽系のミュージックビデオや映画についてはキャスト出来ていますので、コンテンツによっては対応できていない番組があるようです。

ゲームアプリについて

ゲームアプリについては、ゲームをされる方は大画面でゲームも楽しむことが出来ます。
ただし、WI-FI環境でキャストによりテレビに写し出す場合には少し画像が遅延してしまうので、ゲーム専用のアプリを入れる必要があるようです。

私はゲームに詳しくないので説明はこの辺にしておきます。

ゲームアプリやchromecastに対応しているアプリは、ChromeCastの専用サイトに表示されていますのでそちらでご確認下さい。↓↓
chromecastのサイト

写真や動画をキャストする

自分で撮った写真や動画をテレビ画面に写し出すことができれば、家族の楽しみがまた一つ増えますね!
子供さんの写真や動画を家族で、それも大画面で見ることができればパーティは大盛り上がり間違いなし!
そんなこともchromecastはやってくれるのです。

この写真や動画をテレビに映し出す方法は、ミラーリングによるものとアプリによるもので違いがあります。

iPhoneではミラーリングができないのでアプリ対応になります。

Androidスマホの場合

Androidスマホの場合は、Google Homeの「設定」から「画像や音声をキャスト」をタップします。


すると、次の画面に変わりますので再度、「画像と音声をキャスト」をタップするとミラーリングが始まります。

Androidの画像

Androidスマホの場合には、ミラーリングの他アプリによってもキャストできます。

アプリでキャストしたい場合は、「Googleフォト」というアプリを使えば簡単にキャストすることができます。Googleのアプリですので親和性が非常にあります。

iPhoneの場合

iPhone場合ですが、下の画像はiPhoneのGoogle Homeの設定の画面です。Androidのように「画像と音声をキャスト」という項目が見当たらないのです。どこを探してみ見当たらなりので、アプリによってしか対応できないようです。


そこで、おすすめのiPhoneアプリが見つかりました。「Photo Video Cast to Chromecast」というアプリで、これを入れればキャストできるようになりますよ!↓↓
Photo Video Cast to Chromecastのアプリサイト

アプリを入れたら、アプリを起動して表示したい写真や動画を選んでキャストアイコンをタップするだけで、テレビにキャストできるようになります。

chromecastをパソコンを使って「できること」や「できないこと」

chromecastをスマホを使ってできること」でも説明したようにスマホでは結構キャストできないケースがありました。

でもパソコンでGoogle Chromeを使えば、動画やサイト、メールでも何でもGoogle Chromeで表示する事ができる物はテレビに写し出す事ができます。これは、ミラーリングによって映し出すことができます。

ただしミラーリングと言ってもパソコンで一旦キャストをしたテレビ画面は、パソコンでタブを切り替えてもテレビ画面は変わりません。ですので、画面を切り替えるごとにキャストアイコンをクリックしなければテレビ画面は変わってくれません。(Windows・Mac共)

その点、出来ればパソコンと同期して全く同じ画面を表示してくれれば活用範囲がもっと広がるなあ〜と思います。

あと、パソコンでchromecastを使うに当たってアドバイスがあります。それはWI-FIの電波の選定についてですが、WI-FIの電波は2Gと5Gの種類の電波が出ているものが多いと思います。

そして、そのどちらを選ぶべきか?ということですが、5Gの方が速度が早いので5Gにした方がスムーズにキャストすることが出来ました。ただし、5Gの電波は早いのですが、壁などの障害物には弱いようなので、ルーターがある部屋以外の部屋でキャストを行う場合は2Gにした方が良いようです。

最後に

今の時代は情報を知っている者と知らない者とでは、生活レベルがかなり違ってくると思います。

つい最近まで、chromecastなる商品について興味もなく調べようともしませんでした。
きっかけは、最近再び興味が湧いてきたPCオーディオを無線で聴くことについて調べている時でした。chromecastを使えばYouTubeの動画をテレビで見ながら、AVアンプを通したスピーカーから音をだす事が出来るんだっていう事を知り興味を持ちました。

このシステムがあれば、ミュージックDVDなんか買う必要が無くなります。思う存分YouTubeで提供される無料動画を楽しんでいればいいだけですから・・・・・・・・

このchromecastは、最新のネットテレビをお持ち方には必要はないと思いますが、地デジ化になった2011年前後に買われた方には必需品になるのではないかと思っています。

WI-Fi環境は必要になりますが、chromecastをテレビに取り付けるだけでテレビの世界が広がります。地デジしか見てない方には衝撃的かもしれませんね!

ということで、この記事をご覧いただいた方には是非chromecastの導入をお薦めしたいと思います。

chromecastの設定方法については、別記事で書いていますのでそちらもご覧下さい。↓↓
「chromecastの設定方法って簡単だよ!スマホもパソコンも解説」

Google Home Miniの購入レヴュー!どんな事ができるか試してみた

グーグル クロムキャスト2 Google Chromecast クロームキャスト ワイヤレス ディスプレイアダプタ HDMI 2.4GHz 5GHz Wi-Fi ストリーミング 音楽 動画 映像 HDMI

価格:4,970円
(2018/5/18 15:45時点)
感想(70件)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です