Fire TV Stickとchromecastはどっちを買うのが正解か?

Fire TV Stickのメニュー画面

2019年12月のAmazonサイバーマンデーセールで
Fire TV Stickを購入しました。

通常4,980円が2,980円で売られていたので即ポチりました。

クレジットカードのポイントがあったので実質0円での購入です。

超ラッキー!

Fire TV Stickは、Amazonが作った製品で、
You TubeやTVreなどのスマートフォンやパソコンで使っているアプリを
テレビ画に映し出してくれる機器のことです。

同じような製品で、Googleのchromecastという製品もあります。

最新のテレビには最初からYou Tube等が入っているようですが、
地デジ化直前にテレビを購入した私の家のようなテレビには入っていません。

そんな事が3,000円程度で出来るんです。

これを知っているのと知らないのでは生活ががらっと変わります。

とはいえ、chromecastを1年半程前から使っていた私が、
同様の機能のあるFire TV Stick購入したのはなぜか?

この記事ではchronecastとの違いを解説しながら、
結果的にどちらを買うべきかについてお伝えしたいと思います。

Fire TV Stickとchromecastの違い

それではFire TV Stickとchromecastの違いについて説明していきます。

まずは、使えるTV&動画アプリの違いについて説明していきますね!

Fire TV Stickとchromecastで使えるTV&動画アプリの違い

Fire TV Stickとchromecastで使える
TV&動画アプリの違いについて表にしてみました。

*◯がついているアプリが使えるアプリです。

Fire TV StickとChrome Castの違い

項目Fire TV StickChrome Cast
Prime Video
You Tube
TVer×
GYAO△対応しないコンテツも有り
Abema TV
Net Frix
Hulu

上記に掲げたアプリの中ではFire TV Stickは全て使えます。

chromecastではTVerが使えず、
GYAOは新しいドラマ等の
コンテンツは見れない状況です。

リモコンの付属

Fire TV StickにはAlexa対応音声認識リモコンが付属されています。

ですのでスマートフォンが無くとも操作ができます。

Fire TV Stickを起動させると下記のような画面がが映し出されます。

Fire TV Stickのメニュー画面

その画面を見ながら簡単に操作ができるようになっていきます。

リモコンはAlexa対応音声認識リモコンですので、
検索をしたい場合でも
音声で話しかけるだけで検索ができます。

当然入力して検索することもできます。

又、このリモコンで音量の調節や、
テレビの電源のオン・オフ、
アプリやコンテンツの選択・取り消し等ができます。

私は、この点は非常に素晴らしい機能だと思います。

いちいちスマートフォンを取り出してアプリを起動させてから
テレビにキャストするchrome castと違い、
リモコンで操作することによって非常に使い勝手のよい製品だと思います。

当然にスマートフォンからもキャストができます。

これは、chromecastを使用していないと判らない点です。

Fire TV Stickはブラウザも見れる

Fire TV Stickには、SilkとFirefoxのブラウザを見ることができます。

次の写真は、Amazon Silkの検索画面です。

Amazon Silkの検索画面

パソコンが無くてもブラウザの検索が出来ます。
これは結構すごい事かも知れません!

次は、本題に入ります。

Fire TV Stickとchromecastはどちらを買うべきか?

結果的に、私はFire TV Stickのみ使用しています。

2019年5月にAmazon Prime会員になったのでテレビで
Prime Videoを見たいとずっと思っていました。

そして、2019年7月にAmazonとGoogleが和解をして
相互にPrime VideoとYou Tubeの視聴が出来るようなりました。

その事によっFire TV Stickの優位性が増したのではないかと思います。
(もし、You Tubeが見れなければFire TV Stickは購入していなかったでしょう。)

あと、TVerはchromecastでは見れないのでテレビ画面で見たいと思っていました。

上記の3点をかなえてくれたのがFire TV Stickなのです。

また使いやすさも満点です。
まずは、Alexa対応音声認識リモコンが付いてきます。

Fire TV StickのAlexa対応音声認識リモコン

このリモコンは音声認識に対応していますので、音声で検索をすることができます。

Cromecastは、スマホに対応したアプリについて、
スマホを操作しなければテレビで見る事ができません。

また、Fire TV Stickのようにテレビにメニュー画面が出ることもありません。

ですので、使い勝手はFire TV Stickの方が断然いいと感じているので
購入してからずっと使っています。

ということで、今現在どちらを購入すべきかと言えば
Fire TV Stickの方をお薦めします。

Fire TV Stickやchromecastの接続のしかた

Fire TV Stickやchromecastの接続方法は簡単です。

本体についているHDMI端子をテレビ本体のHDMI端子に挿入して、
電源をコンセントに差し込むだけです。

次にテレビ画面にWi-Fiの接続設定やアカウントの入力などを
メニューに従って入力していけば完了です。

Alexa対応音声認識リモコンの裏技

Alexa対応音声認識リモコンの裏技って言うと大げさですが、
通常使っているテレビのリモコンでFireTV Stickを操作出来るんです。

これは、機器の連動機能を使って操作します。

たとえば、PanasonicのVIERAの場合ビエラリンクというものがあります。

VIERAの連動機能をONにすることでFire TV Stickのリモコンと
同様の操作をすることができるのです。

この設定の仕方については別記事で書いていますので、下記のリンクからご覧下さい↓↓
Fire TV Stickを古いテレビのリモコンで操作できるか?

最後に

記事中で書いているとおりchromecastは取り外し、
現在はFire TV Stickオンリーで使っています。

その理由は、リモコンが使える事と、TVerが使える事が
私の中でchromecastとの違いで大きな点だったからです。

いかがでしたでしょうか?

こんなに安くて、使える商品はなかなかお目にかかれません。

chromecastを導入をした時も感動しましたが、
それ以上にFire TV Stickを導入した時の感動が上回りました。

興味がある方は参考にしてみて下さい。

シェアする

フォローする