マキタ充電式クリーナーCL107FDSHW購入レビュー/メリット・デメリットは?

1週間程前に「マキタの充電式クリーナーCL107FDSHW」が届きました。
まだ、使って1週間程しか経っていませんがとても良い商品だということが
わかりました。


車も掃除出来て、家の中もそれなりに掃除ができる充電式の掃除機を探して
いて見つかったのがこの商品です。

価格.COMののコードレス(充電式)掃除機の売れ筋ランキンで1位から
2位のダイソンの商品に続いて第3位になっているの見て興味を持ちました。
(令和元年7月現在)そして、価格はダイソンの商品の半額以下です。

ちなみに、第4位、第5位もダイソンの商品になっています。

それでは、ダイソンの商品に次いでこんなに売れている「マキタの充電式クリー
ナーCL107FDSHW」の購入レビューとメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

マキタ充電式クリーナーCL107FDSHWの購入レビュー

マキタは業務用の電動工具メーカーの最大手です。国内ではナンバーワンと言ってもいいでしょう。

そんな業務用の電動工具メーカーが、家庭用に作っている充電式クリーナーが私が購入した商品です。ですので、バッテリーやモーターに関してはめっぽう強い会社なのです。

そして、電動工具メーカーが作る掃除機は非常にシンプルです。
ノズルなんかも回転ブラシのようなものはなく昔の掃除機のノズルのようなシンプルなものです。

使ってみた感想は、とにかく使いやすいということ。

キャニスタータイプの掃除機のように、重い掃除機を出してきて電源コードを引っ張ってコンセントに差し込む。

こんな手間が全く無く、さっと取り出して、さっと使えるんです。

なんか掃除が楽しくなりますね!

ゴミの吸い取りもフローリンは問題なくできています。

ただし、絨毯が敷いてあるご家庭には専用の絨毯用のノズルが別売されていますので、そちらを購入頂ければ大丈夫のようです。

吸込みモードは、標準→強→パワフルの3段階ありますが特に標準で良さそうです。
約30坪の我が家は、標準モードでバッテリーが無くならずにキチンと掃除が出来ます。


バッテリーの稼働時間は、

パワフル→約10分
強   →約12分
標準  →約25分
となっています。

運転ボタンはワンタッチになっているので使いやすいです。1度ボタンを押してしまえは、ずっと運転してくれます。

マキタの他の機種ではトリガースイッチを採用しているものがあります。トリガースイッチは、拳銃の引き金みたいになっていて引いている時にスイッチが入るものです。

このトリガースイッチは、運転中ずっとスイッチを引っ張っていなければならないので手に負荷がかかります。バッテリーの消耗を抑えるにはいいと思いますが、私には面倒に思います。

本体からストレートパイプを外せばなんとハンディクリーナーに早変わり!
子供の食べこぼしや消しゴムのクズなど簡単にきれいにしてくれます。

そんな感じで、とても手軽に掃除ができるんですよ。

それでは、次にマキタ充電式クリーナーCL107FDSHWのメリットをお伝えします。

マキタ充電式クリーナーCL107FDSHWのメリット

マキタ充電式クリーナーCL107FDSHWは、軽くて取り扱いがしやすい、紙パック式でゴミ捨てが簡単、家の中だけではなく車でも使うことができる、スライド式のバッテリーが使いやすい等のメリットがあります。

まずは、軽くて取り扱いがしやすいことから説明していきますね。

軽くて取り扱いがしやすい

マキタ充電式クリーナーCL107FDSHWは、バッテリーを入れても重量が1.1Kgしかありません。ですので、女性や年配の方でも楽に使うことができます。

又、棚の上や障子の桟等の高い場所の掃除も手軽にすることができます。別売で棚ブラシ(850円)を購入することができます。

ダイソンのコードレスクリーナーの重量は2.2KgからですのでマキタCL107FDSHWは半分程度の重さとなります。

コードレスのクリーナーは持ち手の側にバッテリーやモーターなどの重量物がきますので、どうしても腕でその重量を受けとめなくてはなりません。

ですので、軽い方がどうしても扱いやすくなりますね!

紙パック式でゴミ捨てが簡単

マキタ充電式クリーナーCL107FDSHWは、紙パック(10枚)とダストパックが標準で付いてきます。紙パックは10枚入って600円位でホームセンターやネット通販等で購入できます。探しましたが互換の紙パックは無いようです。

         ダストボックスを開けた様子

紙パックが一番簡単に取り扱うことができますが、コストが気になるという方は繰り返し使えるダストパックを使うことができます。

ただし、ダストパックは絡みついた髪の毛やゴミを綺麗にする手間がかかるようです。
又捕集効果が高い「高機能ダストパック(1,000円)」が別売で売られていますが、生地の密度が高いからか吸込み仕事率が落ちてしまうようです。

スライド式のバッテリーが使いやすい

         バッテリー装着時の様子

マキタ充電式クリーナーCL107FDSHWのバッテリーは、スライド式のバッテリーが採用されています。このスライド式のバッテリーは充電時間も短く約22分で急速充電をすることができます。

私はこのリチオムイオンの製品しか使ったことがないのですが、マキタの他の商品にはニカド電池を使ったものが有ります。ニカド電池は使用時間も短く充電時間は長くなるようです。

又、通販性格専用モデルの「ターボ・60」は、本体を電源に直接繋いで充電するタイプの商品です。高齢の方はこのタイプを好む方が多いようですが、充電時間は2時間半もかかるようです。

私は、CL107FDSHW用の互換バッテリーを購入しました。(Amazonで2,299円)
もう1つバッテリーが有ることでもし電池が無くなった場合でも、直ぐに入れ替えるだけ使用することができます。

左がマキタ純正のバッテリー、右が互換バッテリー

もし、1台しかバッテリーが無い場合でも22分で急速充電できますので、その間違う仕事をしていればすぐに使うことができるようになります。

それでは、次にマキタ充電式クリーナーCL107FDSHWのデメリットをお伝えします。

マキタ充電式クリーナーCL107FDSHWのデメリット

やはり、充電式クリーナーとキャニスタータイプを比べてしまうと劣る部分があります。
稼働時間が短い、バッテリーの寿命による稼働時間の低下、紙パックを使用する場合の交換コストの発生、吸込み仕事率はキャイスタータイプに劣るなどがあります。

稼働時間が短い

やはり充電式クリーナーの欠点は、稼働時間の制限があるということです。
稼働時間パワーのモードにもよりますが、32Wのパワフルモードで10分、20Wの強モードで12分、5Wの標準モードで25分の稼働となっています。

ただし、毎日掃除をしていてそんなにゴミがない場合は標準モードでも十分ではないかと思います。

稼働時間に不安がある場合は、純正の半額程度で購入できる互換バッテリーが発売されていますので、そちらを購入してみて下さい。
(私の購入した互換バッテリーはAmazonで2,299円でした。)

バッテリーの寿命による稼働時間の低下

やはり、バッテリーには寿命があり使用するごとに稼働時間の低下は否めません。
又、使用頻度にもよりますが約1年から2年程度でバッテリーの交換が必要なようです。

これは、充電式クリーナーの運命です。極端に稼働時間が低下したらバッテリーの交換をしましょう。上記で記載したように互換バッテリーを2,500円程度で購入できます。

紙パックを使用する場合の交換コストの発生

交換用ゴミパックは、10枚入って600円程度で販売されています。1枚あたり約60円で1ケ月に2枚つかったとしても缶ジュース1本程度の価格です。

この程度の額を負担するのもいやでというのであれば、ダストパックを使用するか、別な機種にカプセル式というタイプもあります。いずれも、ダストパックやフィルターの清掃に手間を惜しまないという方にはおすすめです。

吸込み仕事率はキャニスタータイプに劣る

どうしても、充電式タイプはキャニスタータイプに比べて吸込み仕事率は劣ります。

かと言って、全く話にならないレベルかというとそうでもありません。

通常毎日掃除をしている環境に於いては、全く問題ないレベルの話だと思っています。

先日、1年以上空いていて掃除をしていない貸家に持っていって掃除をしてみました。
結構、蜘蛛の巣や虫の死骸があちこちにある物件でしたが、やはり蜘蛛の巣や虫自体は吸い込まずストレートパイプの入口付近に留まっていました。

やはり、こういう場合は吸込み仕事率の高いキャニスタータイプに軍配が上がります。

最後に

「マキタの充電式クリーナーCL107FDSHW」の購入レビューとメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

掃除機としての機能もそれなりに持っていて、コードレスで、軽くて使いやすく、価格も安い良い商品を購入したと思っています。

こんな安くて良い商品を知って黙って使うのはもったいないので記事にしてみました。

この記事を読んで興味を持った方は色々ご自分でも調べてみて、よければ使ってみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする