昆布水にもダイエット効果があることをご存知でしたか?

我が家では、昆布水を使い始めてもう5,6年になります。
そして、日々の出汁としてよく使っています。

ところが、出汁としての利用するだけではなく、
昆布水を飲用して便秘解消やダイエットのために
利用している方がいるということを知り驚きました。

そこで、普段使いしているこの昆布水について、
改めてその使い方や健康・ダイエット効果についていろいろ調べてみました。

どうして昆布水にダイエット効果があるのか?

昆布には、
「水溶性食物繊維」のアルギン酸とフコダイン、
「不溶性食物繊維」のセルロースなどの食物繊維が豊富に含まれています。

これらの食物繊維が腸に有効に働き、腸のぜん動運動を
活発化させてお通をよくします。

それで1日コップ1杯の昆布水を飲むことにより、
お通じがよくなり便秘が解消される
ことで
自然にダイエットすることができるようになります。

つまり、体質が改善されて通常の健康状態を取り戻すことにより
自然にダイエットをすることができるのです。

薬やサプリメントの飲むのとは違って、
自然の食品を摂ることでそれも安価にダイエットをすることが
できますのでメリットは大きいと思います。

私や家内は、飲用してはいないのですが
普段から昆布水を使って料理やご飯を炊いていますので
便秘はほとんど無くダイエットにもつながっています。

だだし、飲用する場合には、1日1杯が基本です。
あまり、取りすぎると甲状腺機能に問題がでる場合があるようですので
その点はお気を付け下さい。

昆布水の作り方

昆布水とは、水にだし昆布を浸したものです。

この昆布水に使う昆布は、出来れば、キッチンバサミで細切りにした物を使います。

その方がだしがよく出ます。
(めんどうな方は、細切りでなくてもかまいません。)

1、長さ10cm程の昆布を霧吹きで水を吹きかけるか、
水道でさっと水をかけて5分程置いて起きます。

2、昆布を細切りにしていきます。
(細ければ細い方がいいようにです。)

3、分量、だし昆布10gお水1Lの割合で保存容器等に
入れて冷蔵庫で保存します。(3時間以上)

この昆布水は、冷蔵で約2週間もちますが、
その間水を使い切ってしまったら
もう一度だけ水を入れて使うことが出来ます。

どうでしょう?

だし昆布と水と容器さえあれば、簡単に作ることができますね!

昆布水の使い方

我が家の昆布水の使い方は、煮物やカレーのだしに使ったり、
ご飯を炊くときの水の替わりに使っています。

昆布水は加熱していないので、生臭ささがありません。
ですので、和洋中すべてのだしとして使うことができます。

ただし、味噌汁は我が家では煮干しと昆布を入使うので
昆布水は使っておりません。

我が家は、海に比較的近い場所にありますので、
昆布は近隣の道の駅で買っています。

1束250円位です。
その買ってきた昆布をあらかじめ10cm程の長さに
キッチンバサミで切って缶の箱に入れて常温で保存しています。

我が家のガラス瓶に入れている昆布水

昆布の栄養成分

昆布は弱アルカリ性の性質をもっていて、
現代の酸性に傾きがちな体を健康体の
弱アルカリ性に保つ働きがあり様々な健康効果をもたらします。

昆布のおもな成分は、食物繊維糖質ミネラルに分けられます。

食物繊維

食物繊維はねばりの成分であるアルギン酸フコイダンといった水溶性食物繊維
セルロースなどの不溶性食物繊維に分かれます。

これらの食物繊維が、糖質や脂質の吸収を抑えたり、免疫力を向上させたりします。

ミネラル

ミネラル分についてもさまざまなものが含まれており、
カルシウムナトリウムヨウ素などのミネラル分が含まれております。

これらのミネラル分は、体の組織を作り、体調を整える性質もち
日々体を維持していくのに必須の要素です。

これらのミネラルも豊富なこんぶは他の食物のミネラルより
吸収率が高いと言われています。

それは、人間の進化の過程で海の生物から進化したと考えると、
人間には海の成分が必要なであり、ゆえにより海のミネラル分は
体に吸収されやすいのだと思います。

その他の成分

色素成分のフコキサンチンは脂肪の蓄積を抑えたり
うまみ成分のグルタミン酸は胃腸の働きをよくしたりします。

こんぶのうまみ成分であるグルタミン酸は
よく聞いたことのある成分だと思いますが、
グルタミン酸を工場で作ったのがグルタミン酸ナトリウムです。

そういった化学的に作った物よりは、
自然のグルタミン酸を摂っていただきたいと思います。

昆布水のその他の健康効果

便秘解消やダイエットのお話は既にしましたので、
その他昆布には微肌効果やニキビが治るとか血圧の低下
又は高血圧の予防、高血糖予防などの
さまざまな健康効果が言われています。

また、アレルギーのある方にもおすすめで
アトピーや花粉症などにも効果があるそうです。

最後に

昆布は昔から日本で使われてきた食材の一つです。
私たち日本人の体にはその昆布のミネラル成分が
代々が引き継がれて今生きているのだと思います。

ですので、吸収率の高いミネラル成分を効率よく摂取することができる
昆布水はおすすめです。

まずは、料理のだしとして使ってみてより健康効果を求めたい方は
飲用も始めてみて下さい。
だだし、取り過ぎには注意をして下さい。

なお、ダイエットの効果については個人差がありますので
効果が得られない場合も考えられます。

ですが、昆布水の使用は健康効果のメリットが大きいと思いますので
生活の一部に取り入れても損はないのではないかと思っています。

*昆布の成分や効果については、
日本昆布協会のこんぶネットを参考にさせていただきました。

シェアする

フォローする