PCオーディオ初心者におすすめなスピーカー!癒しのタイムドメイン

オーディオマニアの中で話題になっているタイムドメインというスピーカーメーカーが奈良にあります。

上記の写真はそのタイムドメインの商品で、「タイムドメインmini」と言います。

アンプ内臓のアクティブスピーカーですので、パソコンのイヤホンジャックに繋ぐだけでミニPCオーディオ装置の出来上がりです。

このセットだけでも、結構リアルな音を再現出来ますよ!

あまりのリアルな音に背中が「ゾクッ!」ってする時もあります。

という事で、PCオーディオ初心者におすすめなタイムドメインスピーカーについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

心癒される音のタイムドメインスピーカーとは?

上記写真のノートパソコンの両脇に写っている卵型の物がタイムドメイン社の「タイムドメインmini」です。

タイムドメインminiは入門機で価格は2万円程です。ヤフオク等の中古市場では1万円以内で買える事もあります。

上位機は30万円以上する商品もありますが、私はまだ聴く機会に恵まれていません。

ですが、この「タイムドメインmini」は小さいながらもリアルな音を再現してくれるスピーカーなんです。

タイムドメインというスピーカーは、元ONKYOのスピーカーの開発に携わっていた由井氏が開発した商品です。そして、タイムドメイン理論に基づき音源を忠実に再現することのできるスピーカーとして開発しました。

従来のオーディオシステムは、高音域や低音域をやたら増幅していい音にみせかけるバランスの悪い音なんですね。

それに対して、タイムドメインスピーカーは原音再生に重きを置いていて、脚色のない直な音を目指しています。又、臨場感、ボーカルの空気感、音の空間表現がハンパない位すばらしい音の空間表現をしてくれます。

タイムドメインスピーカーの特徴

このスピーカーの特徴を生かせる音原はアコースティックな楽器です。ジャンルはジャズやクラシックや民族音楽など自然な楽器の音を再生するのに向いています。

ただ、従来型のオーディオシステムに比べて低音や高音が劣りますので、ピップホップやロックなど音楽を大音量でガンガン聞きたい方には少し物足りないかも知れません。

パソコンやスマホ、レコードプレーヤーやCDプレーヤーとの接続について、アンプが内蔵されてるアクティブスピーカーですので簡単です。

スピーカー本体のステレオミニプラグをヘッドホンジャックに差し込むだけで音が出るようになります。レコ―ドプレーヤーにも直接繋いで音を出すこともできます。

一番身近な使い方としては、スマートフォンとタイムドメインスピーカーさえあればどこでも癒しの音楽を楽しむことができるのです。

タイムドメインminiのメリット

タイムドメインminiのメリットをまとめてみました。

  • アンプを内臓しているので、簡単に設置する事が出来る。
  • 軽くて持ち運びも出来るので場所を選ばす設置出来る。
  • PCオーディオの入門機としておすすめ出来る商品。
  • 長時間聴いていても疲れないのでBGM用としても使える。
  • 音楽を聴く楽しさを再発見してくれる。

タイムドメインminiのデメリット

タイムドメインminiのデメリットをまとめてみました。

  • 音原を忠実に再生するので、音原によっては音質にバラツキが出てしまう。
  • 一般的なパソコン用のアクティブスピーカーとしては価格が高い
  • 低音があまり出ないので、低音重視の方には向かない。

最後に

家電量販店では販売されていない商品なので、なかなか商品を見る機会も少なくこの記事で初めて知った方も多いのではないかと思います。

私は、タイムドメインminiの音も聴く事が出来なかった為、ネット通販の広告を良く見て購入しようと思いました。よくよく調べたら2006年6月に購入してました。(約12年前)

この商品は購入後にもっと音を良くする事が出来ます。TuneUpというものがあって、厳選したパーツに交換してより良い音に更新する事ができます。(税込23,000円)

今は、環境的に音楽を楽しむ時間もなかなか取れず辛い思いもしておりますが、徐々に増やして行きたいと思っています。

もし、興味がありましたらタイムドメインの音を楽しんでみてはいかがでしょうか?

別記事で、iTunesに高音質でCDを取り込む方法を紹介しています。よろしければ、そちらもご覧下さい。↓↓
iTunesCDを高音質でインポートする方法!PCオーディオの薦め


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする